消費者金融のキャッシングについて

消費者金融のキャッシングについて

消費者金融審査甘いキャッシングの利用者は年々増加し、今では5人に1人が利用しているといわれています。その利用者は男性だけでなく、女性も利用しており、各消費者金融が女性専用のキャッシングを設けたりするなどして新規顧客に力を入れています。利用者の年齢はどうでしょうか?20代の利用が最も多く、次が30代と年齢が上がるにつれて減っていく傾向があります。その職業は、サラリーマンやOLを含め、自営業の方や主婦、そして学生まで幅広い方が利用しています。キャッシングの利用目的は、生活費、買い物、遊び、借金返済、ギャンブルなどさまざまな目的でキャッシングを利用しています。では、キャッシングの額はどれぐらいすることができるのでしょうか?大手消費者金融の初回の平均貸付額は、15万円から20万円程度となっています。はじめは低めの限度額が設定されていますが、問題がなければ少しづつ限度額が引き上げられていくケースが一般的となっています。では、気になる金利はどれくらいでしょうか?大手消費者金融では、銀行のキャッシングよりも若干高く実質年率15~18%が設定されています。
はじめてキャッシングをするなら、知名度のある大手消費者金融か、金利や条件などのサービスが優れている大手銀行カードローンを利用することをおすすめします。はじめてのキャッシングでは、借りる額もそんなに多くないことですから、30日間無利息サービスを提供している業者を利用するなら利息を抑えることができるでしょう。

敏感肌の人のための洗顔石鹸は?

お肌が敏感な人にもおすすめの洗顔石鹸

洗顔石鹸の使いやすさは、様々な肌質の人も利用できる点です。特に敏感肌の人は洗顔料に含まれている成分でお肌にトラブルを招きやすくなってしまうのが気がかりです。それで、洗顔石鹸を選ぶときもお肌への刺激が極力少ないタイプを選ぶと良いでしょう。敏感肌の人が洗顔石鹸を選ぶうえで助けとなるポイントとおすすめの商品をご紹介します。

オススメは弱酸性や無添加タイプ

敏感肌タイプの人は、通常よりお肌を守るバリア機能が低下し、角層の薄くなってしまっています。これにより、少しの刺激物質でもお肌へには大きなダメージとなってしまい、肌荒れなどを引き起こしてしまいます。そのため洗顔を始めとしたスキンケアは刺激の少ない物を選ぶ必要があります。この点で洗顔石鹸も弱酸性や無添加のものを選ぶ必要があります。

敏感肌の人が選んでいる洗顔石鹸

〇然(しかり)よか石けん・・・「完全無添加」が売りの洗顔石鹸です。特徴は、”火山灰シラスパウダー”で、泡が他の石鹸よりもきめが細かい事です。加えて美容成分が60%以上も含まれているのでお肌の保湿も助けます。〇赤のとち姫・・・栃の実ポリフェノール配合の注目の無添加洗顔石鹸です。お肌のくすみやしわなどの気になる部分に作用します。エイジングケア抜群の洗顔石鹸です。お肌に刺激が少なくても、お肌の保護につながる保湿によってケアすることは忘れないようにしましょう。
洗顔石鹸最新ランキング|洗顔石鹸マニアがおすすめするNO.1はどれ?はこちら

不動産売却で赤字が出た場合

不動産を売却したからと言って必ずしも収益が出るわけではありません。時には赤字になることもあります。そんな時に必ずしなければいけないのが確定申告での控除申請です。この控除にはいくつか特例があります。
まず、マイホームの買い替えで生じた損失の場合です。これは古い家の売却益よりも新しい家の購入金額のほうが高かったことを指します。その損失は他の給与などの所得と通算可能です。そして控除しきれない場合、繰越控除も可能です。繰り越しは3年以内という条件とその他にも細かい要件はありますが、これを利用しない手はありません。
また、住宅ローンがまだ残っている状態で新たなマイホームを買った場合も同様です。住宅ローンの残高を下回る金額で売却した場合、損失が生じます。その損失を買換えの時と同様に他の所得などと通算して控除できます。そしてこれも3年間繰り越し控除が適用できます。これもその他の要件がありますので気を付けてください。例えば、適用されるためには売却年の1月1日時点で所有期間が5年以上あったことが要件になったりします。これは買い替えの時も同様です。
不動産売却を無事に終えたからと言って安心するのはまだ早いです。こうしたお得な制度を利用しない手はありません。バブルの時に買った不動産であれば、不動産売却時にプラスになることはほぼあり得ません。バブル被害者の救済措置ともいえる制度です。賢く確定申告をして手元に残るお金を増やしてください。

銀行系の借入の審査とその傾向について

よく混同されがちですが、キャッシングにおいて銀行と銀行系は別物です。
銀行は都市銀行や地方銀行などが提供するキャッシングで、カードローンと言われることもあります。
一方の銀行系とは、銀行のグループ企業の一つである消費者金融が提供するキャッシングです。
両者にはこうした違いがあるので、借入や審査の傾向にも違いがあります。

銀行系の借入は、銀行に比べると利便性が高いです。
無利息で借りられる無利息キャッシングも実施していますし、即日融資にも対応しています。
銀行のキャッシングだと、口座を開設していないと即日融資ができないこともあるので、スピード感は銀行系の大きな特徴です。
また、顧客サービスも銀行に比べると良いので、無利息キャッシングやポイントなど様々なサービス内容も充実しています。

審査の傾向については、おまとめローン銀行系は銀行に比べると基準は低めです。
銀行が正社員や公務員でないと厳しいことに対して、銀行系ならパートやアルバイトでも大丈夫とされています。
比較的審査の基準は緩いとされているので、借入をできるチャンスが多くの人にあるでしょう。

ただし、銀行系は借入をしたときに掛けられる金利が、銀行に比べると高いです。
そのため、借入をした後の負担は大きくなっているので、より慎重に利用しなければいけません。

銀行系と銀行は別物なので、様々な点で違いがあります。
キャッシングの申し込みをする前は、そうした違いを理解しておきましょう。

カードローンの審査基準は?審査にちないコツは?

カードローンは消費者金融や銀行が提供する無担保融資の一つで、使途が定められていないフリーローンの一種です。住宅などと違い担保がないため、金融機関も貸し倒れを防ぐために所定の審査を行います。金額も数百万円から1,000万円程度が限度額に設定されることが多く、一般に限度額が高いほどに適用される金利も低くなります。また、返済方式は残高に応じたリボルディング払いが適用されることから、毎月の約定返済日に借入残高に応じて一定の金額を返済することとなります。
上述した通り、カードローンの利用にあたっては審査を通過しなければなりません。審査基準は金融機関によって異なってくるものの、まずは安定した収入が必要となります。他にも利用できる年齢条件を満たすことや、複数の金融機関から借り入れがないかということも最低限の条件といえるでしょう。
その上で審査を通過しやすくするためのポイントをいくつかご紹介します。
まずは、申込みは1社だけにするということです。今はインターネットを通じていつでも申込みをすることができますが、同時に複数の金融機関に申込みをしてしまうと、その情報が信用情報機関を通じて申込みをした会社にも伝わり、審査を通過しにくくなります。また、限度額についても最低限で申し込むということも重要なポイントの一つでしょう。まずは約定通りの返済を確実に行い、金融機関との信頼関係を築き、必要に応じて増額することが利用を開始するにあたっての審査を通過しやすいのではないでしょうか。
参考サイト

消費者金融の借り入れっていくらまで大丈夫なの?

現在、消費者金融からの借り入れには総量規制というシステムが適用され、申告した年収の三分の一以上のお金は借りられないことになっています。たとえば、年収が300万円であれば借りられるのは100万円までです。この金額は一社あたりということではなく、消費者金融からの借り入れの総額ということになるので、三社からそれぞれ30万円ずつ借りていた場合は、あと10万円までしか借りられないことになります。
ただ、実際の生活を考えると、年収の三分の一までであれば借りても問題ないとはいいきれません。たとえば、食費や遊興費などに加えて貸金業者への返済を加えると、毎月、赤字になってしまい、返済したらすぐにお金を借りないと生活が成り立たないということであれば、相当問題があるからです。総量規制対象外ローンや、消費者金融の広告では、必ず「ご利用は計画的に」という言葉が使われますが、借金の返済が大きな負担にならないように収入とのバランスを考えてお金を借りるようにしましょう。
では、具体的にどれぐらいまでであれば安全な借金といえるのかというと、一ヶ月あたりの返済額が自由に使えるお金でまかなえるのであれば大丈夫といえるでしょう。毎月、必ず支出していたものをやめるなど、生活費から返済しないといけないようになると危険な状況で、借金の返済を別の借金でしないと回らないということになると、かなりまずい状況といえます。返済しても結果的に毎月債務が増えていくような状況に陥った場合は、法律の専門家への相談が必要だといえます。